2014年09月11日 22時51分

[ジョジョの奇妙なSS]くっそワロタSSがあったんだがwww(氷漬けの画像を探しているんだが)

0コメ
カテゴリ
タグ
[ジョジョの奇妙なSS]くっそワロタSSがあったんだがwww(氷漬けの画像を探しているんだが)
スポンサードリンク
TweetsWind
[ジョジョの奇妙なSS]くっそワロタSSがあったんだがwww(氷漬けの画像を探しているんだが)
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/26(火) 22:47:13 ID:0SI9489.
透明な氷の中に入ってる
全裸の女の死体の画像なんだが誰か持ってない?


2 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/26(火) 22:47:59 ID:0SI9489.
板間違えた....


3 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/26(火) 23:19:54 ID:dJMJAbWc
アヴドゥル「氷漬けの死体?」

ジョセフ「うむ・・・そういう画像を探しておるんじゃ」

ジョセフ「できれば透明な氷の中に入ってる全裸の女の死体がいいんじゃが・・・」

承太郎「ついにイカれたのかじじい」

花京院「なんてこった・・・もうジョースターさんは旅も戦いも続けることはできないのですか・・・」

イギー「ガルルッ!!ガルルッ!!」

ジョセフ「何を!?というか、イギーまでワシを馬鹿にしていないか!?」ガタッ

アヴドゥル「大体、私に言われましても・・・私は炎のスタンド使いですし」

アヴドゥル「私は男の裸にしか興味はありません」

ジョセフ「うーん・・・ここは手下のスタンド使いの多いDIOに頼んでみるか」


4 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/26(火) 23:23:55 ID:dJMJAbWc
とおるるるるるるるるるるるるるるん♪ とおるるるるるるるるるるるるるるん♪

エンヤ婆「はい、DIOしゃまの宅ですが」ガチャリ

エンヤ婆「何!?ジョースターッ!?」

エンヤ婆「おのれにっくき老いぼれジョースターッ!!そして便器ナレフッ!!!もう1回便器をレロレロさせてやろーかァーーーッ!!!」ドッタンバッタン

DIO「何の騒ぎだッ!」ガチャッ!

エンヤ婆「あ、DIOしゃま」

エンヤ婆「いえそれが・・・ジョースターの連中が無礼な電話をしてくるもので」

DIO「何?ジョースター?」

DIO「代わろう」

エンヤ婆「はい」ス


5 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/26(火) 23:28:52 ID:dJMJAbWc
DIO「DIOだが」

DIO「・・・氷のスタンド使い?何故そんなものが必要なのだ?」

DIO「・・・何々、アヴドゥルが変な趣味を?」

DIO「・・・俺の記憶が正しければ、アヴドゥルはホモではなかったか?」

DIO「・・・そうなのか。ありとあらゆる性癖を身に着けたと」

DIO「・・・氷漬けの女の死体?そんなものデカい氷を用意すればいくらでも・・・」

DIO「・・・」ツー ツー ツー

DIO「切れた。どうやらアヴドゥルが暴れているようだ」

エンヤ婆「ろくでもない連中でしゅな」

DIO「まったくだ。ジョジョの爪の垢を煎じて飲ませたいな」


6 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/26(火) 23:35:24 ID:dJMJAbWc
DIO「まあいい・・・スタンド使いを探すとしよう」ガチャン

ヴァニラ「ジョ、ジョースターに屈するのですか!?」

DIO「連中はスピードワゴン財団と密接な関わりがあるからな・・・」

DIO「この間のように、五月蠅いサイボーグに紫外線を照射しながら暴れられたら困る」

エンヤ婆「あれは大変でしたな」

ヴァニラ「散らかすだけ散らかして帰って行きましたので・・・」

DIO「ああ。クリームがなければ今もゴミ掃除が終わっていなかっただろうな」

エンヤ婆「9栄神とタロットカードのスタンド使いに伝達して参りましゅ」

DIO「うむ・・・」

DIO(・・・プッチにも協力してもらおう)


7 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/26(火) 23:39:37 ID:TTZwkLPQ
ID氷漬け死体スレへようこそ!


8 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/26(火) 23:42:37 ID:dJMJAbWc






数日後






                                             .


9 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/26(火) 23:43:39 ID:dJMJAbWc
花京院「この部屋でDIOが氷漬けの死体を見せてくれるそうですよ」

ジョセフ「うむ!嬉しいの~~!それに涼めるしの!」

承太郎「クレイジーだぜ」

イギー「アギ!」

ポルナレフ「またDIOの館かー」ホジホジ

テレンス「鼻をほじるんじゃあないッ!!」

ポルナレフ「ちょっと埃っぽくて嫌なんだよなー」ペチョ

テレンス「私のゲーム機に鼻をほじった指で触るんじゃあないィィーーーーーーーーッ!!!」

ポルナレフ「うッせーなァ」ヌリヌリ ベトベト

テレンス「(^q^)のああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!」


10 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/26(火) 23:52:20 ID:dJMJAbWc
DIO「待たせたな」ザッ

ポルナレフ「おお!待ってたぜーーーッ!」

アヴドゥル「男の死体はないのか?DIO」

DIO「あるワケないだろう」

アヴドゥル「・・・」

DIO「さて。氷のスタンド使いを世界中からかき集めてきたぞ。入れ!」


ペットショップ「クエエエ」

ギアッチョ「・・・」イライラ

虹村「・・・」


11 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/26(火) 23:56:55 ID:dJMJAbWc
定助「オレェ?」

ディオ「URRRRRRRRRRRRYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY!!!!!!!!!」

DIO「黙ってろ」

ディオ「はい」

DIO「この4人と1羽だ」

DIO「彼らがここにある死体を氷漬けにし、貴様等ジョースター一行が採点するというわけだ」

ジョセフ「ほう!」ガタッ

DIO「1人10点満点でな。一番よかったやつは持ち帰っていいぞ」

ディオ「・・・」ギロッ

DIO「せいぜい日光消毒されないようにな、このDIOの黒歴史よ」


12 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/27(水) 00:00:35 ID:yDuNYuFc
ディオ「14の言葉(笑)とか百年海で沈んでる間に妄想してたヤツに言われたくないぞォマヌケェッ!!!」

DIO「WRRRYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYッ!?貴様ッ!よくもこのDIOに向かって!!」

ジョセフ「あーもうやめんか!」

承太郎「よくもまあ自分と喧嘩できるもんだな・・・羨ましいな。ヒマそうで」

イギー「アギ」


花京院「このゲームでこの花京院典明に精神的動揺による操作ミスは決してない!と思っていただこうッ!」ゴォォオ!

テレンス「貴様このゲームやり込んでいるなッ!」ズギュウウウン

花京院「答える必要はない」バキュウウウン ゴォオオ

承太郎(向こうにも暇人がいたか・・・)


13 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/27(水) 00:03:23 ID:yDuNYuFc
DIO「まずは東方定助!貴様だ」

ジョセフ「東方ッ!?」ドキィッ!!

DIO「ン?何か問題があるのか?ジョセフ・ジョースター」

ジョセフ「い、いや・・・ウムム」


定助「ソフト&ウェット」ポワン

パチンッ

死体「」カキィィーーーーーーーーーーーン!!!

定助「死体から『温度』を奪った」

DIO「・・・ほう」


14 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/27(水) 00:06:53 ID:yDuNYuFc
DIO「確かに凍ってはいるが・・・氷漬けではないな」

花京院「これはこれでアリでは?」8点

ジョセフ「しかしワシがみたいのは完璧な氷漬けじゃ」2点

アヴドゥル「男ではないので」0点

承太郎「無駄な氷がないのもいいと思うぜ」7点

ポルナレフ「マジか承太郎?マジに言っちゃってんの?」2点

DIO「19点か・・・」

DIO「微妙だな」

定助「オレェ・・・」

定助「・・・ヤスホに電話しよ」ピポパ


15 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/27(水) 00:08:26 ID:yDuNYuFc
DIO「次、虹村京!」

虹村「」ポイッ

ペン「」ポトッ


ボーン・ディス・ウェイ「」ドンッッッ!!!!!!!!!!

ジョセフ「おおお!!」

アヴドゥル「バイクのスタンド・・・!」

死体「」ピシピシピシ

死体「」ピキピキピキピキ

カッキィィーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!


16 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/27(水) 00:13:00 ID:K0hPGV6.
意外と居るもんだなぁ、氷漬けに出来る能力者


17 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/27(水) 00:13:23 ID:yDuNYuFc
DIO「・・・ほう!」

花京院「手馴れているようだな」7点

ジョセフ「うーむ、ワシの求めていたものに近いのおー!」7点

アヴドゥル「レズは無理です」0点

承太郎「これもいいな」8点

ポルナレフ「なかなかいいんじゃあねーの?ポルナレフランドに飾ってみよっかなーナーンテー」7点

DIO「29点・・・」

DIO「アヴドゥルが難関のようだな」

アヴドゥル「死体が男なら10点の嵐なのですがね」

ポルナレフ「駄目だコイツ」


18 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/27(水) 00:19:15 ID:yDuNYuFc
DIO「次」

ギアッチョ「『ホワイト・アルバム』ッ!」ヒュゴォオッ!!!

カキィィィーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!!!!!!!

全員「うおおッ!?」ビュオオオオオッ!!!

ジョセフ「さ・・・寒いッ!!」ゴオオオオッ!!!

アヴドゥル「へ・・・部屋ごと凍らせてどうするんですッ!?」ゴオオオオオッ!!!


ディオ「そんな寒いか?」

DIO「別に」

ディオ「だよな」


19 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/27(水) 00:23:05 ID:yDuNYuFc
ポルナレフ「さっむ!!こうなったらイギーで暖を・・・」

イギー「」プゥ

ポルナレフ「ぎゃああああああッ!!!」バタァアアン!!!

ポルナレフ「屁の空気まで凍ってやがるゥゥウウッ!!!!」


ディオ「ム、少し肌寒く・・・」

DIO「そうだな。まあ貴様は腕を出してるからな・・・」


アヴドゥル「マジシャンズレッド!!」ドゴォォオオッ!!!!

ジョセフ「スカーレットオーバードライブッ!!」バチバチバチィイッ!!!


20 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/27(水) 00:26:37 ID:yDuNYuFc
ドッゴォォーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!!!

…ボファァッ

花京院「フウ・・・暖かくなりましたね」

DIO「ヌ、死体の方も完成しているな」

ギアッチョ「少し融けちまったけどな」

花京院「アヴドゥルさんがいないと死ぬところだったので」5点

ジョセフ「過程はどうあれ結果が全てじゃ」10点

アヴドゥル「私に出番が回って来たので」10点

承太郎「もう少し周りのことを考えて作れ」5点

ポルナレフ「ケッ」0点


21 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2014/08/27(水) 00:28:25 ID:yDuNYuFc
DIO「30点・・・僅差で虹村京を超えたな」

DIO「次」

ペットショップ「グワアアッ!!」ゴォオッ!!

死体「」ビキイィッ!!

死体「」ビキビキビキ バキバキバキ!!!

死体「」ガッキィィーーーーーーーーーーーーン!!

承太郎「・・・これは!」

花京院「綺麗な直方体の氷・・・!!」

ジョセフ「その中には美しい女性がッ!」

アヴドゥル「能力のタイプが他とは若干違いますからね」
スポンサードリンク
 ~~♪ あ、ごめんなさい!
 音楽に夢中でよく聞いてなかったわ。




コメント
※他人の名誉やプライバシーを傷つける書き込みはやめましょう


グローバル的ななん
Copyright (c) 2014 にじいろ便 Design by PPPNeXus.
NO

コメントをいれてシェア