2014年11月08日 14時12分

犬の死骸が見つかる事件で、犬にチップが埋め込まれている。

0コメ
カテゴリ
タグ
ニュース
栃木 遺棄
犬の死骸が見つかる事件で、犬にチップが埋め込まれている。
スポンサードリンク
TweetsWind
犬の死骸が見つかる事件で、犬にチップが埋め込まれている。
NONAME NEWSより

・まず、前の事件について・・・


保護された犬は昼間でも薄暗い林道のなかで発見されました。しかも、そこは人通りが少ないようです。

最初に「野犬がうるさい」と通報を受け、保護に向かったところ崖下で異様な光景を目撃したようです。

その死骸はすべて、人気な小型犬だったとのこと。

その中には、飼われていたとみられる犬もいたようです。(赤い服を着た犬などが・・・。)

・死骸を調べた結果・・・


栃木県で数十匹の犬の死骸が相次いで見つかった事件で、先月末にも宇都宮市の鬼怒川河川敷で発見された死骸から、飼い主の情報が入ったマイクロチップが見つかったようです。

そして、県警は死因の分析を進めるとともに飼い主の特定を急ぐとのこと。

・そのマイクロチップには・・・


調査関係者によると、マイクロチップは一匹の首付近の皮膚の下に埋め込まれていたらしい。

そして、そのマイクロチップは一般的に飼い主の名前や住所、そして電話番号が調べられる数字が記録されてあるとのこと。

よって、このマイクロチップがあると迷子の動物も探すことができるといった利点があるようです。

埋め込みは、環境省が近年推奨していたようです。

犬の死骸は宇都宮市で44匹、同県那珂川町で27匹見つかっている。

県警は同一犯の可能性があるとみて、廃棄物処理法違反の疑いで調べている。
スポンサードリンク
コメント
※他人の名誉やプライバシーを傷つける書き込みはやめましょう


グローバル的ななん
Copyright (c) 2014 にじいろ便 Design by PPPNeXus.
NO

コメントをいれてシェア