2014年10月14日 08時09分

台風により、東北側では昼にかけ強い風が・・・

0コメ
カテゴリ
タグ
気象情報
台風19号 東北 大雨
台風により、東北側では昼にかけ強い風が・・・
スポンサードリンク
TweetsWind
台風により、東北側では昼にかけ強い風が・・・

東北など 昼すぎにかけ非常に強い風に

大型の台風19号は東北の沖合を北東へ進んでいます。

東北や関東甲信では昼すぎにかけて非常に強い風が吹くおそれがあり、気象庁は、土砂災害や川の増水、暴風、高波などに警戒するよう呼びかけています。

気象庁の発表によりますと、大型の台風19号は13日の朝に鹿児島県に上陸したあと四国を東へ進み、夜、大阪府に再び上陸しました。

14日午前7時には宮城県石巻市の東90キロの海上を、1時間に75キロの速さで東北東へ進んでいるとみられます。

中心の気圧は980ヘクトパスカル、最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートルで、中心の南側240キロ以内と北側190キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

この時間、関東、北陸、それに東北のそれぞれ一部が暴風域に入っています。

東北などには発達した雨雲がかかり、宮城県の石巻市雄勝では午前5時までの1時間に50ミリの非常に激しい雨を観測しました。

午前6時までの1時間には、宮城県女川町で34.5ミリ、岩手県釜石市で31.5ミリの激しい雨が降りました。

これまでの雨で、福島県と宮城県、それに岩手県では、土砂災害の危険性が非常に高くなっているとして土砂災害警戒情報が発表されている地域があります。

また、北陸から北海道にかけての広い範囲に暴風警報が出ています。

青森県八戸市では午前6時半ごろに25.7メートル、宮城県南三陸町では午前5時ごろに24.3メートルの最大瞬間風速を観測しました。

日本海側でも風が強く、福井県小浜市では午前5時前に27.8メートルの最大瞬間風速を観測しました。

このあとしばらくは広い範囲で大気の不安定な状態が続く見込みで、北陸と北海道では14日は激しい雨が降り、東北ではこのあと数時間は局地的に雷を伴って1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。

15日の朝までに降る雨の量は、いずれも多いところで、東北と北陸で120ミリと予想されています。


▽北陸ではこのあと数時間

▽関東甲信と東北では昼すぎにかけて

▽北海道ではこれから今夜遅くにかけて、非常に強い風が吹くおそれがあります。

14日の最大風速は

▽東北と北海道で27メートルから28メートル

▽関東甲信と北陸で25メートル、最大瞬間風速は35メートルから40メートルに達すると予想されています。

関東の沿岸では猛烈なしけが続き、東海や伊豆諸島、それに北日本の太平洋沿岸では大しけが続く見込みです。

気象庁は、土砂災害や川の増水、低い土地の浸水、暴風、高波に警戒するとともに、落雷や竜巻などの突風にも十分注意するよう呼びかけています。

スポンサードリンク

後少しで、台風がなくなるんですね(汗

東北の人は気をつけてくださいね!!




コメント
※他人の名誉やプライバシーを傷つける書き込みはやめましょう


グローバル的ななん
Copyright (c) 2014 にじいろ便 Design by PPPNeXus.
NO

コメントをいれてシェア