2014年09月25日 08時09分

肝腫瘍って何?どういうものなんだろう・・・。

0コメ
カテゴリ
タグ
その他
健康 病気
肝腫瘍って何?どういうものなんだろう・・・。
2014年09月25日 08時09分
0コメ
カテゴリ
タグ
スポンサードリンク
TweetsWind
肝腫瘍って何?どういうものなんだろう・・・。

症状が現れにくい”沈黙の臓器” 肝臓

ひと口に肝腫瘍と言っても多くの病気が含まれます。

まず良性腫瘍と悪性腫瘍に分けられますが、肝臓は“沈黙の臓器”と呼ばれる位、なかなか腫瘍そのものによる症状は現れません。

したがって小さな腫瘍は検診で偶然に、あるいは慢性肝炎、肝硬変の経過観察中に定期検査で発見されることがほとんどです。


定期検査で早期発見が可能な肝がん

悪性腫瘍は原発性肝がんと転移性肝がんに分けられます。

転移性肝がんは胃がん、大腸がんなどの他臓器がんが肝臓に転移したもので、肝臓から発生する原発性肝がんとは治療方法やその予後は異なります。

原発性肝がんの約95%は肝細胞がんで、このほとんどはB型あるいはC型肝炎ウィルスの持続感染が原因で、定期検査を受けることにより早期発見が可能となります。


関連のニュース・・・

宮沢りえの母・光子さん死去 65歳肝腫瘍 自宅療養中の23日に

女優の宮沢りえ(41)の実母で、所属事務所エム・ツー企画代表取締役の宮沢光子(みやざわ・みつこ)さんが23日に肝腫瘍で死去していたことが分かった。

24日、所属事務所が発表した。

65歳だった。光子さんは肝腫瘍の診断を受け、自宅療養中だったが、23日に息を引き取った。葬儀はこの日、近親者で済ませた。

りえはファクスで「生きるということの美しさと、凄(すさ)まじさと、その価値を教えてもらいました」とつづった。

現在は舞台「火のようにさみしい姉がいて」(東京・渋谷のBunkamuraシアターコクーン)に出演中で24日は休演日だった。

光子さんは1973年、オランダ人の夫との間にりえを出産したが離婚。

その後、日本人ミュージシャンと再婚し男の子を産んだが、離婚した。

ステージママとして、モデルのりえをトップアイドルに育てあげた。常に行動を共にし“一卵性母娘”と呼ばれた。人気絶頂時の90年にカレンダーで“ふんどしルック”に挑戦させ、91年にはヌード写真集「Santa Fe」をプロデュース。

常識破りのマネジメントと、豪快な容貌から「りえママ」の異名を取った。95年には羽田空港で待ち受けた報道陣を「なんなんですか!」と一喝。酒豪としても有名だった。

93年に貴乃花親方(当時・関脇貴花田)との婚約破棄騒動では、両家の確執があったとも報じられた。

94年にはりえが自ら手首を切る事件を起こした際、りえが「原因は母子げんか」と説明するなど、愛憎入り交じる関係が取りざたされた。昨年りえはテレビ番組で光子さんについて「菩薩(ぼさつ)みたいな感じ。

当時は『言わせておけばいい、いつか分かるから』って言ってました。そういうことがあったから今の私がある」と語っていた。


怖いねぇ…。こんなものもあるのか・・・。

検査とかはめったに行かないから、気が付いたらこういうことになってたりするのかな・・・。

気をつけないと・・・。
スポンサードリンク
 ~~♪ あ、ごめんなさい!
 音楽に夢中でよく聞いてなかったわ。




コメント
※他人の名誉やプライバシーを傷つける書き込みはやめましょう


グローバル的ななん
Copyright (c) 2014 にじいろ便 Design by PPPNeXus.
NO

コメントをいれてシェア