2014年09月21日 14時03分

秋葉原に会社の企画で「わらしべ長者」をしようとする団体がいるらしい。

0コメ
カテゴリ
タグ
秋葉原に会社の企画で「わらしべ長者」をしようとする団体がいるらしい。
スポンサードリンク
TweetsWind
秋葉原に会社の企画で「わらしべ長者」をしようとする団体がいるらしい。
なんかそんなのがいるらしいぞ!

みんなが「わらしべ長者」について騒がれてるから、なんだろ・・・って、思ったら秋葉にそれをしようとしてる人がいるのか。


回りの反応は・・・

秋葉原周辺でわらしべ長者といいつつ、ゴミを押し付けようとする男女七人の集団が声をかけてきた。 リーダー格は水色のジャケットの男。 皆様気を付けてくださいませ。 思わず、そんなブラック企業やめなさいと諭してしまったw

「わらしべ長者」 巡回中見かけず・・・

わらしべ長者・・・うんwそんなブラック企業やめなよww


やはり、こんな感じかww

しかし、いまだにこんな事する奴がいるのか・・・。

すっごく迷惑ですよねぇー・・・。



「わらしべ長者」とは・・・

ある一人の貧乏人が最初に持っていたワラを物々交換を経ていくにつれて、最後には大金持ちになった話。

今日では、わずかな物から物々交換を経ていき最後に高価な物を手に入れることに対する比喩表現にも使われる例が多いが、作品の舞台である近代以前の一物一価の法則が成立しなかった段階においては、主人公の取引行為はいずれも高価なものを入手する動機はなく、需要と供給の均衡の上に成り立った等価交換を繰り返した結果として富の上昇がもたらされているという点に注目をする必要がある。

なお原話の結末は馬と田を交換して地道に農作物の収益で豊かになると言うものであり、そこに価値の飛躍は見られない。

また、この物語は大きく分けて今日広く知られている「観音祈願型」の他に「三年味噌型」と呼ばれるものがある。

物語の大筋はほぼ同じだが、後者は婿取婚を巡る話となっている。

両者は主題も異なり、観音祈願型は今昔物語集で「参長谷男、依観音助得富話」と題されているように霊験譚としての性格が強く、結末もある程度の忍耐(稲作や留守番)の賜物であり、それゆえに説教や唱導として盛んに語られた形跡がある。

それに対して三年味噌型にそのような性質はなく、あくまでも致富を主題とした幸運譚として語られたことが見て取れる。

スポンサードリンク
 ~~♪ あ、ごめんなさい!
 音楽に夢中でよく聞いてなかったわ。




コメント
※他人の名誉やプライバシーを傷つける書き込みはやめましょう


グローバル的ななん
Copyright (c) 2014 にじいろ便 Design by PPPNeXus.
NO

コメントをいれてシェア